2018年05月17日

LAPD “THE ROOKIE”

LAPDの中年?新人オフィサーを題材にした“THE ROOKIE” 製作者の本気度が感じられるシリーズになりそうですが!?
https://m.youtube.com/watch?v=_HgC1TN8FVk#fauxfullscreen
Photo by abc


実は、昨年10月にパイロット版として放送されただけで未だ本放送も決まっていないようですが、装備関係は勿論のことユニフォームシャツのエポーレット縫い付け、バッジはドームカーブではなく左右カーブですがデザインは”BOSCH”と同じ実物似などなど是非シリーズ化して欲しいと願うばかりです!!


※デスクトップパソコン修理が終わっていないのですが、待てずにアップしてしまいました!
  

Posted by Kent Space at 16:15Comments(2)Movie & TV

2018年05月10日

速報: LAPD次のチーフ #2

 遂にLAPDの次期チーフが3人に絞られたようです。
 残念ながら初の女性チーフ誕生か⁉︎ とLAPD現役の友人が予想していた元アシスタントチーフ・サンディ ジョー マッカーサーは残らなかったようです。
by CBS News
https://losangeles.cbslocal.com/2018/05/08/lapd-chief-charlie-beck-replacement-finalists/


 まず、現アシスタントチーフ(☆☆☆)・ムーアは勤続37年のベテランで、次に現デェピュティチーフ(☆☆)・アルコスは勤続30年のベテランです。
 さらに、現SFPDチーフ スコットは2017年1月にSFPDチーフに就任していますが、1989年から2017年にデェピュティチーフでリタイアするまでの27年間LAPDに所属していたベテランです。
 さて、最終的にガルセティ市長が選任するのは3人の内の誰になるのでしょうか??
 現チーフ・ベックは6月27日をもってリタイヤしますが、その夕刻にはLAPDアカデミーでフェアウエルパーティーが開催されるようです。
 次の画像はLAPD特有のユニークな似顔絵付きリタイヤ・フェアウエルパーティーのお知らせイラストで、LAPDにおける経歴や家族などが表記されています。


※渡米リポートをアップする予定ですが、渡米中電源を落としていたPCの電源がどうしてもONできず画像の調整などができないため、後日アップします。この記事もiPadでアップしましたので画像サイズの調整などができていません。
  

Posted by Kent Space at 16:00Comments(0)From U.S.A.

2018年04月20日

ビクトリーショー不参戦のお知らせ

 『第86回 ビクトリーショー』 ですが、渡米日程と重なるため残念ですが不参戦となってしまいました。
 次回7月22日(日)開催予定の 『第87回 ビクトリーショー』 には参戦する予定ですので、よろしくお願いいたします。
by LAPD SWAT



  

Posted by Kent Space at 18:32Comments(1)ビクトリーショー

2018年04月07日

LAPD New badge!?

 遂にLAPD新バッジの登場か!?
 思わせぶりなタイトルでスミマセン.....1940年に採用されたシリーズ6バッジですが、それまで4ピース仕様であったものを1ピース(一体型)仕様にしたのが1968年に製造納品契約業者となったブラッキントン社(以下VHB) ですが、次の画像は当時ポリス系マガジンに掲載されたニューバッジ登場のPR記事です。
 『サージャント・ジョー フライデーは新しいバッジを得た!』 というタイトルになっています.....これは分かる方には判る伝説的ポリスドラマ ”ドラグネット" (1951~1959年まではラジオ&TVドラマ、1967年~1970年まではTVドラマ)の主人公バッジナンバー#714のサージャント・ジョー フライデーをリスペクトしたもので、当時契約を奪取したVHB社の効果的なPRだったのではないでしょうか。


 次の画像はTVのタイトルバックですが、このSgt. #714バッジは4ピース仕様ですが、当時のLAPDチーフの全面的協力により実物バッジが貸し出されていたとのことです。。


 左側が"DRAGNET" 1967年版の主人公Sgt. ジョー フライデー役のジャック ウェッブで本作のプロディーサーも兼ねているばかりか、同じく伝説的TVポリスドラマADAM-12のプロデューサーでもありました。 右側は1967年版からの相棒オフィサー・ビル ギャノン役のハリー モーガンですが、1987年にコメディタッチの映画としてリメイクされた折(邦題:ドラグネット 正義一直線)にカメオ出演していました。


 さて、話はVHB社の1968年ダイバッジに戻ります。 同社は1968年10月に契約締結後1971年頃までの短期間契約していたらしいとのことですが、VHB社の次の契約会社であるKAAG社製1973年刻印のポリスオフィサーランク(以下POランク)バッジは確認できますが、1972年製造刻印のKAAG社製POランクバッジは確認できないらしいのですが、これはまだランクタイトルがPOではなくポリスマン(PM)であったためのようです。 しかし、1975年製造刻印入りのVHB社製POランクバッジも存在しているのがナゾとなっています。
 次の画像は7-75製造刻印のVHB社製1968年ダイのPOランク歴戦の勇士?バッジですが、KAAG社とは異なるランクフォントですね。


  

Posted by Kent Space at 17:31Comments(0)From U.S.A.

2018年03月29日

LAPD 次のチーフ!?

 先にお伝えした、現チーフ・ベック早期リタイア発表による次期チーフ選定についての続報がLAタイムスに掲載されていました。
http://www.latimes.com/local/lanow/la-me-ln-next-lapd-chief-20180327-story.html
 記事によると、警察委員会(ポリスコミッショナー)への申請期間である3週間が3月23日に終了し、内外から31人の応募があったが、現役の女性最高ランクであるデェピュティーチーフ・ベアトリス ギルモーラは応募していないとのことのようです。
 しかし、2015年にリタイアした元デェピュティーチーフ・サンディー ジョー マッカーサー(現リザーブオフィサー)が応募しているとのことですので、友人が予想している初の女性チーフ誕生の余地はまだまだあるようです。
 6月27日に予定されている現チーフ・ベックのリタイアまでに3人に絞り最終的に市長が決定するようですが、前途多難なLAPDの舵取りははたして誰になるのでしょうか!?

 元デェピュティーチーフ・サンディー ジョー マッカーサーとは2011年7月渡米の折、LAPDアカデミー卒業式会場において写真を撮らせていただいていました。 彼女については2015年08月26日の当ブログで取り上げています。


※余談ですが、友人のお陰で撮らせていただいているLAPDハイランクの方々との写真に写っている私の服装が、毎回黒のRLポロシャツにチノパンと同じなのがテレてしまいます.....。

  

Posted by Kent Space at 17:46Comments(4)From U.S.A.

2018年03月18日

LAPD シリーズ7バッジ!?

 1930年代末のLA市の新聞に、1923年から約17年間使用されていたLAPDのシリーズ5バッジのデザイン変更についての記事が掲載されていました。



 記事によると 「デザイン変更については10年近く検討されてきたが、遂に新バッジのデザインが警察員会と市議会の承認を受け正式に採用され、今後製造契約業者についての入札を求めるよう指示した」 となっているようです。
 さらに、新デザインは盗用されないよう著作権登録することをうながしているようです。 というのもシリーズ5のゴールドカラー・イーグルトップ・ティアドロップ・バッジは多くのPDにも採用されたばかりか、第35・37チーフ・J. デェイビスが悪名高き “JUICE BADGE”(ジュースといっても飲み物ではなく、職権バッジとでも言いましょうか) と呼ばれた ”LIEUTENANT DETECTIVE” ランクタイトルバッジをオフィサー以外の民間人(著名人や高額納税者など)に7000個以上与えたため混乱を生じたことがあったようです。 現在でも多くのシリーズ5の”LIEUTENANT DETECTIVE” ランクタイトルバッジがコレクター市場に出回っていますが、実際にオフィサーに支給されたバッジは3桁の若いナンバーのみで、それ以上のナンバーはジュース・バッジと言われています。
 さて、話は新聞記事に戻りますが、新デザインと言っても実際に採用されたデザインよりもランクタイトルの両端が違っていますね..... それにしてもイラストのデザインがそのまま採用されなくて良かったと思うのは、私だけではないのではないでしょうか!?

 さて、めでたく?第39代チーフ・A. ホフマン時の1940年にデザイン変更された現行のシリーズ6バッジですが、10年間の検討時期には製造までされたが支給されずに終わった幻のシリーズ5.5バッジと呼ばれるダイアモンド・シールドの小型バッジもありました。
 また、こぼれ話ですが、1940年採用時に著作権登録までしたシリーズ6バッジのデザインですが、その後28年近くは他のPDなどに真似をされることもなく過ごせたようですが、1960年代後半に著作権の更新登録をしようとしたところ、既に版権が失効していたことが判明したため、1971年には第一号としてビバリーヒルズ市警がツートーンカラーのオーバルシールドにシティーホールを配したバッジを採用しています。 その後は皆さんご存じのとおり現在までに数えきれない類似デザインのバッジが全米で採用され続けていますが……そろそろデザイン変更されシリーズ7バッジが登場してしまうのでしょうか??
  

Posted by Kent Space at 19:28Comments(3)From U.S.A.

2018年02月23日

LAPD & CHP!?

 2018年1月19日にLAPDのチーフ・ベック(64)が2019年までの任期を待たずに6月27日の誕生日をもって早期退職する旨を発表しました。
 2009年11月にLAPDの第56代チーフに就任、2014年には再任され2期目を務めていました。在任中には一貫して犯罪発生率の減少に努力されていたようでしたが、現役オフィサーによる銃撃事件など諸々の不祥事が早期退職の要因になったのでしょうか?
 この発表の後、LA市民やLAPDオフィサーの関心事は、全米第3位の市警察組織で約10,000名のオフィサーを擁するLAPD次期チーフが誰になるかのようですが、チーフ・ベックは退任発表時に 「次期チーフはLAPD内の現役か最近退職した経験者があたるのが良いと思う」 と微妙な発言をしています。
 さて、次期チーフの選任はLAPD人事委員会が候補者を選定し、最後は市長が決定するようですが、LAPD現役の私の友人は 「多分初の女性チーフが誕生すると思うよ!?」 と自論を述べていました.....そうすると現女性アシスタントチーフ・ギルモーラが有力ということでしょうか!?
 私は2011年7月にチーフ・ベックと、2016年5月には当時デェピュティーチーフであった現アシスタントチーフ・ギルモーラと写真を撮らせていただいていましたので、期待してしまいます!?


 LAPDフリークである私はここまでにしようと思ったのですが、同じカリフォルニア州のCHPのトップが交代し就任時のバッジに興味がありましたので取り上げてみたいと思います。
 CHPは1995年に当時のCSP(カリフォルニア・ステート・ポリス:州警察といっても州議事堂を中心に警備にあたっていた小規模組織であった)と合併し、以降全米一の州警察組織となり、現在約7,600名のオフィサーを擁していますが、前コミッショナー(LAPDのチーフにあたる)の日系アメリカ人であったフェロー氏の後任となったのは、1982年奉職のアフリカ系アメリカ人のコミッショナー・スタンレー(56)でした。
 私は2004年5月渡米時に当時CHPアカデミーの責任者であったキャプテン・スタンレー(右の画像)にお逢いし、写真を撮らせていただいていました。


 そして、興味があったのは就任時のTVインタビュー時に着用していたコミッショナーランクのVHB社製バッジで、なんとバッジナンバーが "T2002" でした。
 CHPではLAPDなどと異なりバッジナンバーはシリアルナンバー(職員番号)で奉職時のナンバーはランクが変わっても退職まで使用するため、コミッショナーになっても5つ星ではなくシリアルナンバーとなるので、本来彼のナンバーである "10377" となるはずですが......種明かしは就任時には間に合わなかったため、臨時(テンポラリー)バッジを着用したとのことでした。
Photo by KCRA https://www.youtube.com/watch?v=FH2eiM7dfjI


※(追記)その後、CHPから公式発表された写真をよーく確認してみると.....なんとバッジナンバーが "T2001" でしたので、2個のテンポラリーバッジを使いまわしていたことになりますね!?


.....と追記しましたが、就任直後のインタビュー画像が見つかりました...."T2001" はデェピュティー・コミッショナー(以下DC)のテンポラリーバッジだったようです.....確かに "T2001" は何とか読み取れましたが、ランクリボンは画質が悪く読み取れませんでした。
 ではなぜDCランクのしかもテンポラリーバッジを公式発表の撮影時に着用していたのか?(※追記の追記:さらによ~く観察?してみると、故意にランク名を消したように見えます。ナンバーの画質に比べ、ランク名が全体的に画像処理で流れているような......!? 確かにナンバーは言い訳できますが、公式発表写真のバッジランクがDCと読めるのはまずかったのでしょうか?)
 コミッショナー・スタンレーは2015年5月には第2位ランクであるDCに就任(LAPDではデェピュティー・チーフの上位がアシスタント・チーフですが、CHPでは逆です)しているようですので、彼のナンバー付きのコミッショナーバッジが間に合わなかったとしたら2年間着用していたナンバー付きDCランクバッジでもよかったような......マニアックなナゾですね!?


 次の画像は前コミッショナー・フェローのVHB社製バッジ "9486" ですが、彼は日系アメリカ人で1979年にCHPに奉職し、2008年に当時のアーノルド・シュワルツネッガー州知事からコミッショナーに指名され2期10年間勤めあげ、現在はUCDPD(ユニバーシティ・オブ・カリフォルニア・デェイビス校警察)のチーフに就任しています。

  

Posted by Kent Space at 20:42Comments(7)From U.S.A.

2018年01月12日

R.I.P. Inspector Dave Toschi.....

 2018年1月6日に元SFPDのInspector Dave Toschi氏が家族に見守られながら86年の生涯を閉じられました。
 Dave Toschi氏は1952年から1987年までSFPDに所属、1966年から1978年までは殺人課に勤務し、その間 “Zodiac Killer Case” の捜査にあたりました(詳しくは当ブログ2013年6月6日付の記事参照)。
 また、映画 ”Bullitt" や “Dirty Harry” のモデルとも言われている方でした。 ご冥福をお祈りします。R.I.P.



  

Posted by Kent Space at 13:13Comments(0)From U.S.A.

2018年01月07日

ありがとうございました!!

 1月6日の 『第85回 ビクトリーショー』 ”Kent Space” ブースにお越しいただいた皆様ありがとうございました!

 今回もPCAJのメンバーや仲間達の協力により無事終了することができました!
 いつものことなのですが、お待たせしたり、ご希望のアイテムがなかったり、サイズがなかったり......などなど、至らないところも多々あったかと思いますがお許しください。
 我ブースにお立ち寄りいただいた皆さんと U.S. ポリスバッジなどについてのお話ができることが至極の楽しみなのですが、最近は 「ブログ見てます」 と声をかけていただくこともあり、大いに励まされています!




  

Posted by Kent Space at 16:38Comments(4)ビクトリーショー

2018年01月01日

一怒一老 一笑一若

 一怒一老 一笑一若 : 怒れば老いる・笑えば若返る
 今年も体調を整えつつ、「読んでもらえる」 文章を綴っていければと思っていますので、ご笑読いただければ幸いです!




  

Posted by Kent Space at 00:15Comments(0)新年

2017年12月24日

第85回 ビクトリーショーに1月6日土曜日のみ参戦 !!

 第85回 ビクトリーショーに 2018年1月6日土曜日のみ参戦します !!
 今回 ”Kent Space” は、初日の6日土曜日のみの参戦となりますが、是非ご来場ください !!
 ミリタリーイベントのビクトリーショーで、アメリカンポリス一筋?で参加してきました ! とは言っても、趣味の延長から参加している素人のため、行き届かないところが多々あるかとは思いますが、同好の士とお許しください.....。
 今年4~5月の渡米で入手してきたLAPD・LASDアイテムなどのほか、キャップ類や半袖・長袖のレイドTシャツなどを取り揃えています!
 モチロン! 実物&レプリカのバッジも取り扱っています !! なお、実物バッジの価格は、値下げ相談可です.....! ただし、すべて少量入手ですので、「売り切れ御免!」となりますことを、お許しください.......!?

 現地でもLAPDのモーターサイクルオフィサーなどに愛用されているハットバッジ付きキャップも取り揃えています!

 「探していたけれど見つからなかった!?」 方達のためにハンドメイドのデェテクティブ用ベルトキーパー4本セットを少量用意しました! カラーはブラック&ニッケルとタン&ブラスの2種類で、1-1/2インチ(38mm)巾ベルトまでの対応です。


 そして、現在AXNにて放送中の ”シカゴPD” でお馴染みのシカゴポリスのバッジ・パッチ(当日までにデェテクティブとルテナント用も現地から到着の予定)などのパッチ類とキャップを取り揃えました !

 さらに、US マーシャルの各種パッチ類も取り揃えています !

 さらにさらに、DEAミュージアム・ショップから取り寄せた実物キャップ、バッジパッチ、パラコード・バングルなどのほか、コマンド・タートルネックシャツ(USAサイズM・1着のみを値下げ特価で)、バッジプリント付きTシャツなどを少量取り揃えています。
 なお、DEAグッズにはバッジシールが付いてます !

※”Kent Space” は、4階ミリタリーフロアのH-12 ブース(4階左側通路の中ほどのブースですが、主催者の都合により変更する場合有とのことです)。
  それでは、会場でお逢いしましょう!!

☆第85回 ビクトリーショー(ミリタリーイベント)
  〇開 催 日: 2018年1月6日(土)・7日(日)【※ただしKent Spaceは6日土曜日のみ】
  〇開催時間: 午前10時30分から午後5時まで 【※ただしKent Spaceは午後4時まで】
  〇会   場 : 都立産業貿易センター台東館 4・5・6・7階
            東京都台東区花川戸2-6-5 TEL:(03)3844-6190
  〇ホームページ:http://www.sams-militariya.com/docs/vshow.html
  

Posted by Kent Space at 17:16Comments(3)ビクトリーショー

2017年12月10日

LASPD #2430バッジ!?

 次の画像をご覧ください。 2003年5月15にLAスクールPD本部において当時のチーフからリザーブオフィサーバッジを授与されているところで右側の画像がそのシンボルアート社製のバッジですが、ナンバーは”2430”となっています.....バッジを 受け取っている、やけにネイビーブルーのユニフォームとオーバルシールドのバッジが似合う人物とバッジナンバーに心当たりがあるのは私と同年代の方達ではないでしょうか!?



 この人物は伝説のTVポリスドラマADAM-12の主演者の一人でLAPDオフィサー・ジム・リードを演じたケント・マッコード氏(現在75歳)なのです! そして、バッジナンバーの”2430”は1968年9月から1975年5月までの7年間174話の間オフィサー・ジム・リードが着用していたポリスマン・ランクバッジのナンバーと同じなのです。 チーフがADAM-12に影響されてオフィサーになったらしいのですが、なんとも粋なことをしますね!!



 ADAM-12については、いつか 『大トリ』 として取り上げたいと考えていましたが、もう一人の主演者であるPO‐Ⅲ+1・ピート・マローリを演じたマーティン・ミルナー氏が2015年9月6日に83歳で亡くなられたため果たされていません......。いつか徹底的に取り上げたいと思っています!
 このドラマは今では考えられませんが、当時のLAPDチーフが全面協力し、実物のブレスト&ハットバッジなどを撮影中貸し出していたばかりか、実際のパーカーセンター本部ビルや所属するランパート・ステーション(現メトロ・ディビジョン)などでロケーションしていたのです。
 また、ADAM-12とは二人の乗車しているPCのコードナンバーなのですが、ユニフォームなども1968年当時の8ポイントトップの(8角形)レギュレーションハットから1973年にラウンドトップ(丸形)に変更になったあたりも正確に捉えていました。
 さらにさらに、撮影のため本部から貸し出されていた実物バッジも、シーズン1は4ピースのエンテンマン社製でしたがシーズン7になるころにはVHB社製の1ピースバッジに替わっていきました。



 ドラマのエンドクレジットに登場していた二人が着用していたエンテンマン社製4ピースバッジ!!




  

Posted by Kent Space at 18:35Comments(0)From U.S.A.Movie & TV

2017年11月24日

続報:LAPD リザーブ・コープス

 前回の "リザーブ・コープス" で 『リザーブもフラットバッジは購入でき、そちらはサン社のものになるのでしょうか? それともVHB社になるのですか? 』 というコメントをいただきましたが、『 ウームッ......情報がありません.....多分リザーブ・オフィサーもフラットバッジは所持できると思うのですが......確認でき次第お知らせしますので、少々お待ちください。』 と回答していました。
 そこで、早速米国のコレクターに確認したところ、本日貴重な情報をいただきました。
 やはり、2004年LAPDでフラットバッジの自己負担所持が認めらて以降リザーブ・オフィサーもフラットバッジを所持できたとのことですが、その時点ではバッジナンバーの頭に ”R” の付いたサン社製フラットバッジだったとのことです。そして2006年にリザーブ・オフィサーバッジがVHB社製60000番代に総入れ替えされた段階で ”R” 付のリザーブ・オフィサーブレスト&フラットバッジが回収されましたが、フラットバッジの契約はサン社が保持していたためVHB社製のリザーブ・オフィサーバッジを支給されたオフィサーも任意所持のフラットバッジは現在までサン社製であるとのことでした。(Special thanks:Information by A.W.)
 拾った画像に ”R” 付のサン社製と思われるフラットバッジの画像を確認できました。


 LAPDには以前取り上げたように、通常は別の職業を持ちながら、レベルⅠ・レベルⅡ・レベルⅢのリザーブ・オフィサーが無給(ユニフォーム・装備などは支給されます)で勤務しています。 Photo by LAPD
https://www.youtube.com/watch?v=cirrE8fvk60
https://www.youtube.com/watch?v=gZSZNnB7qC8




  

Posted by Kent Space at 22:26Comments(17)From U.S.A.

2017年11月19日

LAPD リザーブ・コープス

 ここに11個のLAPDバッジがあります・・・・・よーく見ればナンバーが60000番代であることが確認できます・・・・・そーなんです!(古ッ) リザーブ・オフィサー(予備警察官)のバッジ達なのです。
 これはLAPDのリザーブ・オフィサーの就任式におけるバッジ・セレモニーのためにディスプレィされているのです。


 バッジナンバーは60557・60561・60571や60608などが確認できますが、これらは全てブラッキントン社(以下VHB)製で2006年7月製造刻印入りです。 この件は2015年4月21日の記事(&2013年8月15日記事も参照)で触れましたが、それまでのリザーブバッジナンバーの頭にRの付いたバッジから総交換のためVHB社が契約を取得し650個近くのリザーブ・オフィサーバッジを納品したとのことです。


 そして11年を経過した2017年現在は・・・・・次の画像のとおりとなっています・・・・・左の60218と60596はVHB製ですが、右端のナンバーパネル目いっぱいに表示された60680はVHB製でもエンテンマン社(以下ENT)製でもありません・・・・・そーなんです・・・・・サン社製なのです。
 そして2017年現在LAPDのバッジはリザーブも含め全ての納品契約業者はサン社に戻っているとのことです。


 しかし、それを喜んで良いものなのか・・・・・というのもリザーブバッジのVHB社だけではなく2009年5月から2013年まではENT社がポリスオフィサー・サージャント・デェテクティブ各ランクの納品契約を取得しており、その仕上げの良さは末期?のサン社の数十倍かと思われるほどだったようですので、現行のサン社製がそれらに劣らないかと心配なのではあります!?
 VHB社は1968年にそれまでの4ピース仕様のバッジをワンピース(一体型)に変更しており、そのダイ(金型)を今でも当時の全ランクを保管しているらしい??とのことですが、2006年納品のリザーブバッジはあえて1968年ダイを使用せず新たにカーグ社&サン社仕様を踏襲したダイを作製しており、その仕上げの良さは流石!全米一のバッジ製造会社!!と思わせるもので・・・・・??
 次の画像左側はVHB社の1968年ダイ、右側が2006年ダイです。
※リザーブ・コープスの動画 https://www.youtube.com/watch?v=8VpHTRm-HDk&t=75s



  

Posted by Kent Space at 19:06Comments(7)From U.S.A.

2017年11月06日

感謝!!

 11月5日に開催された 『第84回 ビクトリーショー』 の ”Kent Space” ブースにお越しいただいた皆様ありがとうございました!

 今回もPCAJのメンバーや仲間達の協力により無事終了することができました!
 いつものことなのですが、お待たせしたり、ご希望のアイテムがなかったり、サイズがなかったり......などなど、至らないところも多々あったかと思いますがお許しください。
 我ブースにお立ち寄りいただいたお客様と U.S. ポリスバッジなどについてのお話ができることが至極の楽しみなのですが、最近は 「ブログ見てます」 と声をかけていただくこともあり、大いに励まされています!
 
 次回2018年1月6・7日(土・日)開催予定の 『第85回 ビクトリーショー』 には都合により6日土曜日のみ参戦する予定ですのであらかじめご了承ください。



  

Posted by Kent Space at 16:44Comments(2)ビクトリーショー

2017年10月27日

第84回 ビクトリーショーに参戦します!!

第84回 ビクトリーショーが浅草 『都立産業貿易センター台東館』 において11月5日(日)に開催されます!!
”Kent Space” は、今回も懲りずに参戦しますので、是非ご来場ください!
 ミリタリーイベントのビクトリーショーで、アメリカンポリス一筋?で参加しています! とは言っても、趣味の延長から参加している素人のため、行き届かないところが多々あるかとは思いますが、同好の士とお許しください.....。
 今年4~5月の渡米で入手してきたLAPD・LASDアイテムなどのほか、キャップ類や半袖・長袖のレイドTシャツなどを取り揃えています!
 モチロン! 実物&レプリカのバッジも取り扱っています!! なお、実物バッジの価格は、値下げ相談可です.....! ただし、すべて少量入手ですので、「売り切れ御免!」となりますことを、お許しください.......!?

 LAPD最新のオフィシャルジャケット(裏フリース仕様)・USAサイズS(日本Mサイズ)3着のみ在庫あります(今後の入荷未定)。
 これからの冬に向けて普段使いにも最適です!

 現地でもLAPDのモーターサイクルオフィサーなどに愛用されているハットバッジ付きキャップも取り揃えています!

 さらに、DEAミュージアム・ショップから取り寄せた実物キャップ、バッジパッチ、パラコード・バングルなどのほか、コマンド・タートルネックシャツ(USAサイズM・1着のみを値下げ特価で)、バッジプリント付きTシャツなどが少量入荷しています。
 なお、DEAグッズにはオリジナルバッジシールが付いてます!
 さらにさらに、NYPDアパレル在庫一掃のため特価にて販売します!!
  ◎NYPDメタルボタン&911メモリアルパッチ付きコマンドセーター(U.S.A.サイズL1着のみ)紺色
  ◎NYPDメタルボタン付きコマンドセーター(U.S.A.サイズL1着のみ)紺色
  ◎NYPDタートルネックシャツ(U.S.A.サイズS・M各1着とスエットタイプ(裏起毛Mサイズ1着のみ)紺色
  ◎NYPDハイウエイパトロールオフィサー用タートルネックシャツ(U.S.A.サイズXL・M各1着のみ)黒色

★なお、都合によ今回も午後4時に店じまいさせていただきますので、あらかじめご了承ください★

※”Kent Space” は、5階ミリタリー&GUNフロG-5 ブース(5階入り口中央通路からすぐ左に曲がって突き当り5番目のブースです)。
 それでは、会場でお逢いしましょう!!

☆第84回 ビクトリーショー(ミリタリーイベント)
  〇開 催 日: 2017年11月5日(日)
  〇開催時間: 午前10時30分から午後5時まで 【※ただしKent Spaceは午後4時まで】
  〇会   場 : 都立産業貿易センター台東館 4・5階
            東京都台東区花川戸2-6-5 TEL:(03)3844-6190
  〇ホームページ:http://www.sams-militariya.com/docs/vshow.html
  

Posted by Kent Space at 18:06Comments(8)ビクトリーショー

2017年10月25日

Tex Shoemaker & Sons

 今日メールを開いたら、悲しいお知らせが届いていました.....。
 それは1936年創業の "Tex Shoemaker & Sons" 廃業の挨拶でした.....私はインターネットの無い時代から、海外発送を快く引き受けてくれた同社から数々のポリスリグなどを購入してきました。インターネット普及後は顧客登録をしてあったので、今回のメールが届いたのですが、81年の歴史に幕を閉じてしまうのは本当に残念でなりません。


 創業者のTex Shoemaker はLASO(LASDの前身)などのベテランで射撃の名手でもあったようですが、その豊富な経験を活かし1936年に同社を創業したとのことです。


 同社の製品は派手ではありませんがUSAメイド&ハンドメイドのとても丈夫な 『いぶし銀の造り』 と言え、LEO達からの信頼も厚かったばかりか、数々の映画やドラマに製品を提供をしており、最近では 『ウオーキング・デッド』 へも協賛していましたが、海外製造の大量生産品などに押されてしまったのでしょうか.....同社のFBサイトには廃業を惜しむ声が沢山寄せられているのが悲しさを増しています。

  

Posted by Kent Space at 17:48Comments(2)From U.S.A.

2017年10月15日

LAPD TSD....!?

 真剣な表情で上司の説明を聞くLAPDのオフィサー達……場所はLA市のユニオン駅構内のようですが、イベントの説明でしょうか全員レギュレーション・ハット(制帽)を着用しています…..実はこれイベントなどではなく、これから携わることになる新たな仕事についての説明を受けているのです!?


 というのも、2017年7月1日からLAPDがLA市域の鉄道とバスなどの公共交通機関の警備を担当することになったのです。この話は今年5月に滞在していた友人の自宅付近の駅からメトロゴールドラインでLA市ユニオン駅まで利用した折に友人から聞いていましたが、その時点ではまだLASDが警備していました。


 これまでは1997年からの20年間にわたりメトロライン全線の警備は主にLASDが担当していましたが、地域の専門性を考慮し、更に交通機関の安全性を高めるため、LA市内はLAPDが、その他のLAカウンティー(LA群)域内はLASDが、残りの地域はロングビーチ市警察(LBPD) がLACMTA(LAカウンティー・メトロポリタン・トランスポーテェーション・オーソリティー)から委託を受ける契約とのことです。
 この警備委託は5年契約で、委託料の合計は年間7億7700万ドル(邦貨約800億3100万円)で、LAPDが全体の57%で委託料3億7000万ドル、LASDが38%で2億4600万ドル、LBPDが5%で3000万ドル、残りはLACMTA自前のトランジット・エンフォースメント・オフィサー(武装)と民間セキュリティー・オフィサー(非武装)が担当するとのことです。
 委託内容は警備は勿論のこと無賃乗車の摘発も含まれているとのことですが、私が乗車した郊外の駅は無人のうえ改札口と思われるところにゲートはなく、手前の販売機で購入したプラスチック製チケットをチェックするらしい?機器はあるのですがチェックしなくても入れてしまうので無賃乗車の摘発は必須かもしれませんが大変でしょうね!?
 LAPDでは、この委託を受けるにあたってTSD(トランジット・サービス・ディビジョン)を新設し、乗客などへの視認性を考慮して制帽着用を義務付ける(LAPDでは現在イベント警備やセレモニーなど以外の制帽着用は義務付けられていない)とともに、当面の間はPO-Ⅲ以上のベテランオフィサーに担当させているようです。


 さて、過去のLAカウンティー内の公共交通機関の警備は、主にバスを担当したのがSCRTDPD(サウザン・カリフォルニア・ラピッド・トランジット・ディストリクト・ポリス:略してRTDポリス)で1964~1994年まで担当していましたが、予算削減効率化政策からPD自体が廃止されています。
 次の画像はそのRTDポリスのエンテンマン製バッジとショルダーパッチです。


 同じくLAカウンティー内の公共鉄道機関の警備(アムトラックは除く)はLACMTAPD(ロサンゼルス・カウンティー・メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティー・ポリス:略してMTAPD)が担当していましたが1997年に予算削減効率化政策からPD自体が廃止されたためLASDに委託が移行しました。MTAPDに所属していた約300名のオフィサーの内187名はLAPDへ、127名はLASDへ各々再訓練を経て吸収されたとのことですが、その内何人の現役オフィサーがTSDに所属したのでしょうか?。
 次の画像はMTAポリスのエンテンマン製バッジとショルダーパッチです。


 いずれにしてもLAPDフリークがLA市を訪れた際は、メトロラインに乗車するかユニオンステーションに行けば制帽着用のオフィサーに遭えるかもしれません!?


  

Posted by Kent Space at 19:13Comments(2)From U.S.A.

2017年08月27日

LAPD ファイアリング・トレーニング

 夏バテ気味での手抜き更新ですが、LAPDのデェイビス・トレーニングセンターにおいて、訓練生(カデット)に対してファイアリング・トレーニング中の動画です。ファイアーアームス&タクティクス・セクションの女性インストラクターが名前入りの紺色トレーナーやホワイトTシャツにボディーアーマーを着用した訓練生に手本を示していますが、趣旨は 『ポリス・シューティングには、しっかりしたショルダーとグリップ力』 が必要 ということのようです。
https://www.youtube.com/watch?v=lVrHk5hThhE


  

Posted by Kent Space at 18:48Comments(2)From U.S.A.

2017年07月24日

ありがとうございました!!

 7月23日に開催された 『第83回 ビクトリーショー』 の ”Kent Space” ブースにお越しいただいた皆様ありがとうございました!

 今回もPCAJのメンバーや仲間達の協力により無事終了することができました!
 いつものことなのですが、お待たせしたり、ご希望のアイテムがなかったり、サイズがなかったり......などなど、至らないところも多々あったかと思いますがお許しください。
 我ブースにお立ち寄りいただいたお客様と U.S. ポリスバッジなどについてのお話ができることが至極の楽しみなのですが、最近は 「ブログ見てます」 と声をかけていただくこともあり、大いに励まされています!
 
 次回11月5日(日)開催予定の 『第84回 ビクトリーショー』 にも参戦する予定ですが、今回直前に腰を痛めてしまい参加が危ぶまれましたので、体重とお酒を減らし?体調を整えておこうと思っています!




  

Posted by Kent Space at 16:21Comments(4)ビクトリーショー